気持ちのコントロール

「集中しよう」と心で念じて集中状態になれたことが、僕にはありません。集中するためには、念じるのではなく、集中するための具体的な行動に置き換えるということをします。

ついついスマホを見てしまうのであれば、電源を切る。それか、アプリを起動できないように制限をかける。

焦りがあるのであれば、ゆっくり呼吸して気を鎮める。呼吸が整わないのであれば、姿勢を正したり体に力みがないか確認して空気がスムーズに体に入ってこれるようにする。

いろんなことが頭の中でこんがらがって混乱するのであれば、思い浮かんだことを全て紙に書き出して、一旦、頭の中をクリアにする。

こういった行為が僕にとっての「集中する」ということです。もちろん、これで必ず集中できるわけではありません。その場合は別の行動をトライします。

このように考えるようになったのは、自分自身をあまり信用していないからというのもある気がします。「集中しよう」と念じたところで、自分が集中するわけがない。精神論的アプローチでは、自分は上手く動かない。ということが、わかってきたのだと思います。

このブログでも何度か登場した「メンタルはメンタルでコントロールできない」というのが、僕の基本的な考え方です。

逆を言うと、「メンタルはフィジカルによってコントロールする」となります。フィジカルとは、先ほどの例に挙げた呼吸などの具体的な行動のことです。

気分が落ちた時なども同じことが言えます。

重めの持病を抱えていると、気持ちが乱れやすい状態にあると感じます。

気持ちをコントロールするにはどうしたら良いか、という課題は常に僕につきまとってきます。僕には、気持ちをコントロールできる(かもしれない)方法を持つことが必要なのだと思います。これからも、自分に合った方法をこれからも模索していきたいです。

この記事は個人の体験に基づいて書いたものです。病状などは人それぞれ異なるものなので、気になることがあったら必ず、主治医に確認してください。本ページについてご質問等ありましたらお問い合わせページからお願いします。

当サイトを応援してくださるかたは、下のボタンを押して頂けるとうれしいです。ブログランキングに反映されます。(注:ボタンを押すと別ウィンドウでランキングページ(「にほんブログ村」)が開きます)

にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

Scroll Up