脳腫瘍の告知

ドラマなどでガンの告知をするシーンを見ることがあります。その影響からか、病気の告知というのは、すごく重々しいものだったり、告知する・しないという問題が起きたり、といったイメージを僕は持っていました。ですが自分の場合は想像していたのとはだいぶ違うものでした。続きを読む →

医師と患者の認識のズレをなくすために気をつけたいこと

2008年に僕は脳腫瘍という病気であることがわかりました。そこからこれまでの数年間、なんども診察を受けて医師とコミュニケーションを取ってきました。しかし、そのときは問題ないと思っていたけど、あとになって考えたら認識が大きくズレていたと気づくことが何度かありました。続きを読む →

笑顔でいると脳が楽しいと勘違いする

笑顔でいると脳が楽しいと勘違いするという話を耳にすることがあります。その説についての科学的な根拠はすでにあるかもしれません。ですが、ここでは脳腫瘍の手術をしたことで僕が左半身を麻痺した経験をベースに、その説が正しいんじゃないかという結論にたどり着いた話したいと思います。続きを読む →